「シリアル・シティー」Battle Creek, Michigan

ミシガン州南部にバトルクリーク(Battle Creek)という町がある。
ケッログ社やポストフーズ社の(Post Foods) があり、「シリアルシティー」
の愛称で呼ばれていることでも知られている。
デトロイトとシカゴのほぼ中間に位置しているこの町は、
デトロイトとグランドラピッズに次いで3番目の面積で113.1 km2 。
人口は 53,364人である。近年では、熱気球世界選手権を開催したり、
大規模なカジノを開いたことでも話題をよんでいる。




d0216939_1455063.jpg






d0216939_2532093.jpg私がミシガンに移住してしばらくしてから仕事を始めた町、バトルクリーク。たまに訪れると、我が人生のアルバムをめくるようで懐かしくなる。町のあちこちをドライブして心がほっこリした後は、ちょっと一休み。地元のメキシコ料理店に立ち寄ってみた。アメリカの小さな町によくあるように、ここも74.65%と白人が過半数をしめる。マイノリティーは、アフリカン・アメリカンの17.80%がトップ。次いで、ヒスパニックの4.64%。その他はネイティブ・アメリカン(インディアン族)、アジア系である。こんなエスニシティーの背景にあって、頑張るメキシカン料理店。年々、店の規模を拡大して成功しているようだ。マイノリティー頑張れ!応援したくなる。





d0216939_302784.jpgアメリカは移民で成り立つ国だ。旧移民の西ヨーロッパと北ヨーロッパからの移民。新移民の東ヨーロッパと南ヨーロッパ。現在のアメリカを作り上げる原動力となったのが、後者であることも見逃せない事実だ。ところで、バトルクリークには、小さい数ながら、もう一つのマイノリティーグループが活躍する。日本人だ!トヨタグループで日本最大の自動車部品メーカーで愛知県刈谷市を本拠とする(株)デンソー ( Denso Corp.) 。バトルクリークの日本企業数社で最大手のデンソーは、バトルクリークで現地人を広く採用し、人々に親しまれている会社といえる。日本人として誇りだ。





d0216939_324503.jpgこの日、私と夫がオーダーしたのは、サボテンのピクルス付きVeggie Platterとタコス、トスタダ、ケサディアのコンビ。そして、飲み物はマルガリータだった。お代わり自由で無料のタコチップスとサルサ。全て美味しかった。チェーンストアーとは違ったメキシカン料理の店。従業員もメキシコ人で、サービスも満点である。こんなときにスペイン語でも話せたらなぁ~と思った。われながら、外国語を習得する力のなさを痛感する。まぁ、私のことはともかく、ニナはお勧めのメキシカン料理店である。


Nina's Taqueria
 ホームページはここ♪
 248 Capital Ave SW
 Battle Creek, MI 49015
 (269) 969-9448





d0216939_3434444.jpg

三寒四温。やっとヒアシンスが咲いた。
花言葉は、悲しみを超えた愛。
今の日本に住むすべての人に捧げたい花であろう。
悲しみを乗り越え、愛をパワーに生きよう! 






今日も応援ありがとう058.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

旅行・地域
[PR]
by runninggirl_USA | 2011-04-21 15:05 | ミシガン・アメリカ観光案内