かぼちゃ三昧の秋、食文化の差♪

パンプキン、そろそろ買おうかな?
d0216939_11372121.jpg


ハロウィーン当日は、かぼちゃも安くなる。
けどねぇ~少しは、庭に飾って楽しみたいもん。
思いつきで立ち寄ったガーデンセンター。
横の畑で作ったものを、ここで売っている。




ほれぇ~パンプキンのご一行様が、私を歓迎してくれた。



いらっしゃい!

今日は、どのパンプキンにしましょうか?







そうそう、かぼちゃを単純に英訳するとパンプキン。
スクワッシュともよばれているけど、その種類は驚くほど多い。







ほら、こんなのも・・・70cmくらいはある怪物クン。
お値段は1000円。
色はグレーで、表面はゴツゴツしていている。
まるで動物園にいるサイに似ているかも。
d0216939_11393820.jpg

「これってどうやって食べるんですか?」
農家のおばちゃんに聞いてみた。

「焼いて、塩やバターをつけて食べてもいいし~
 パンプキンパイにしてもうまいよ!」

妙に説得力がある。
ドイツ移民の子孫かな?
おばちゃんのゴツゴツした手。
このしわくちゃの笑顔。
だなぁ~このおばちゃんが作る怪物クンのパンプキン。
それなら美味しそうだ。
ご馳走になってみたい、先ずは。
d0216939_11381113.jpg




ほんじゃ~こっちのメロンは?
メロン・・・英語で書いてあるよね。
ウリかいな?
d0216939_11374362.jpg

これもなぁ~見た目ワル004.gif
食欲の秋とはいうけど・・・それは自分が見慣れた食材が
目の前にあるときだよね。
栗、柿、銀杏、マツタケ、竹の子・・・。
そんな食材から料理の味が口いっぱいに広がってくる。
食欲がそそられる。いい匂いがしてくる。
ばあちゃんが、かぁちゃんが、作ってくれた季節の味と香り。
それが「フード・カルチャー」、食文化というものかなぁ。
日本で竹の子を見て、食欲がわく外人なんていないだろうなぁ。
銀杏をいれて茶碗蒸し。
知らないだろうなぁ。

食べ方もわからない。
母親が作るそんな料理の記憶がない。
それじゃ、食欲もわかないよね。






まぁ、一人ブツクサいいながら、
本日のお買い物は、飾り用のパンプキンだった。
単純な私。おばちゃんとの会話が楽しかった。
今度は、あの怪物クンを手に入れてこようかな?
私のアメリカでの「フード・カルチャー」、食文化を作らないとね。
郷に入ればは郷に従え!やったろうじゃないの017.gif
弱腰の私。小声でつぶやいてみた。
d0216939_11383582.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
056.gifブログランキングの応援ありがとうございます。
コメントへのお返事は、皆さまのブログご訪問に代えさせていただきます。
どうぞご理解のほどをお願いいたします。



[PR]
by runninggirl_USA | 2012-10-13 22:49 | アメリカンカルチャー