おちょぼ口、快適なシニアライフを過ごすカギ?!

おちょぼ口
ぶぅちゃんと私は、おちょぼ口。
お口を小さく開けてお食事をする。
二人とも少食だ。

あぁ~ん。
ぶぅちゃんは、コーンを品よく食べる。
いつものおちょぼ口。上品なリスなのだ。

d0216939_12445916.jpg




あぁ~ん。
私も、バニラコーンを品よく食べる。
いつものおちょぼ口。上品なレディーなのだ。

d0216939_12433646.jpg




うっそ!

リスと違って、人は見栄をはる。
人前とプライベート。見栄をはる。

「これ、私が結婚したときのドレスよ。」

d0216939_12453461.jpg



ほらぁ、人は見栄っ張り。
いや、ホラをふく。
実際、このドレス。店頭に飾ってあった飾り棚だ。
このビクトリアン調のドレスの中を開けると棚になる仕組みだ。
素敵だけど、どんなお宅に置くんだろう?

d0216939_23464381.jpg


おっと、話がそれた。

ところで、ウエディングガウン。
英語で、結婚式のドレスを意味する。

アメリカの女性の伝統は、結婚式で着た自分のドレスを保管する場合が多い。
ちなみに、私のドレスも特別なドライクリーニングに出して箱に入れてもらった。
一応、伝統だけど・・・何故?


結婚〇〇記念に着てみる。
娘の結婚祝いに贈る。
そんな説もあるけど、若い頃に着たドレスを再度着てみる。
時代の流れをかみしめてみる。そんなところが現実だろうか?

そういえば、100歳で亡くなった義母のウエディングドレス。
茶色く黄ばんでいたあれ。
義母の体系の3分の1ほどだった。
うふふ。
4人の子供達を育てた、女の歴史だよね。

d0216939_23385567.jpg


8月6日までの短期決戦。
いつも思ってはいてもできなかったことをする計画。
「体と物のクリーンアップ計画」ただ今、実行中の私だ!

裏庭の掃除、80%完了。
健康診断の一つ、完了。
減量作戦、これが難しい。
体系の維持というよりも、むしろ健康に悪い。
体重の増加の原因を分析して、対処しないと長生きできないもん。

マクドナルドのバーゲン品。
50円のバニラ・コーン、170カロリー。
100円のディップト・コーン、270カロリー。

パリッ!チョコのソフトクリームが好きだけど我慢してみた。
食べるのは、5分。体重を落とすのは、一苦労。
ただ今、マイナス700g。

おちょぼ口
少女のように小さくつぼめた口つきなのだろうけど、
大口をあけて食事をパクつくよりも、少食で健康にはいいのかもしれない。
少しのご飯を良く噛めば、栄養となる。適量ならば、さらに体重も増えない。
西洋の女性と比べれば、日本女性の方がはるかに小柄だ。
大口を開けて、食事をパクつけば肥満となる。健康にいいわけがない。
体と心の健康。ライフスタイルを見直してみたい。
これからやってくる、「シニアライフ」を快適に過ごすために!


d0216939_23403952.jpg


                 ブログランキングに参加中です。
                クリックの応援ありがとうございます。
                     ↓ ↓ ↓
                    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

                    にほんブログ村 
            

連載エッセー(夏) vol. 34
[PR]
by runninggirl_usa | 2014-07-30 02:13 | 連載エッセー(夏)