キャッシャーは、お道具箱ですね?!

当店は、セルフサービスです。
ご自由にお買い物をお楽しみくださいね。


d0216939_13311998.jpg


お代は、この箱にいれてね!

d0216939_13301550.jpg



あの灯篭を探して、田舎道をドライブしていた日。
大通りからそれて、畑が広がる道路を走っていた。

「クリスチャンのお店は、→ です!」

畑の中にある園芸センターを目指していたけど、
道路のやじるしにつられて、
その「クリスチャンの家族」が経営するという店に行ってみた。
「園芸センター」の名前が変わっていたのかも知れないもん。
けど、畑の中だよ、畑・・・・。


d0216939_133231100.jpg


ビルディングの中に、小奇麗に整頓された植物や野菜が並べられるいる店。
クリスチャンの家族が聖書を持って、にこやかに客と語り合っている店。

まさか、あるわけがない。
ドラマや漫画の見すぎだ。
アメリカの田舎の村や町に行くと、クリスチャンの人口はあがる。
彼らの毎日の生活は、いたって単純で、
同じパターンを繰り返すことが好きな人たちと出会うことになる。
当然、日曜日は家族で教会に行く。
白人が大多数だ。

d0216939_13335926.jpg


そっか、こんなレイアウトなのね。
私は、庭先に無造作に並べられていた商品を見て回った。
花は、普通の店よりも高めだったので、パス。
ハーブは、季節を外れてきたのでバーゲンになっていた。
これを2つといくつかの野菜を選んで、合計650円。


一体、誰に支払ったらいいのかわからない。
あれかな?
納屋の向こうに見えた人影に向かって歩いていった。

「あのぉ、お代はどちらに?」

「箱の中に入れていって!
 ほれ、めんどうじゃん、お金を受け取るのってさ。
 ここは無人の店なんだよ。
 ワシラ忙しいから、邪魔をしないでね!」


って、って・・・これって、あり?

右手に聖書。左手にクワを持ち、
オーバーオールに身を包むアメリカンファーマー。
そんなイメージが、ガラガラと音をたてて崩れていった。

自分まで崩れる前に、お金をお道具箱の中にギュッ!
急いで、そこから立ち去った。

d0216939_13351285.jpg



プッ♪
みどりさん、お仲間が見つかったじゃありませんか。
「めんどくさい」サークルね。
あなたもしっかりアメリカンですよ!

ゲッ!

d0216939_13362452.jpg



                  ポチッ♪応援してね!
                     ↓ ↓ ↓
                    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

                    にほんブログ村 
            

連載エッセー(夏) vol. 48
                  
[PR]
by runninggirl_usa | 2014-08-15 00:47 | 連載エッセー(夏)