白の世界、無限の世界

白い世界へ行ってきた。
カナダとアメリカ地区をまとめるマーシャルアートの表彰式だった。
空手や太極拳やら、東南アジア系の競技が混じっているアメリカの競技だ。

まぁ、とにかく夫に誘われるがままくっついてきた。
イワユル、夫婦セットでご出席のアメリカ。
この国の慣習に従って、夫に逆らうわけでもなく
共感するわけでもなく、ノコノコとついてきた。
d0216939_1352656.jpg


表彰される本人や家族。
一年間の努力だもの感慨無量だよね。
だれだ、「白の世界」を楽しんでいたのは?!

私はそこにいなければならない添えものだもん。
いなければいけないという人間ではなく、夫とワンセットの添えもの。
だから、「白い世界」を楽しんでいた。

d0216939_1353144.jpg


サンタさんと白い頭の夫
あはは
マッチしているじゃないの?!
撮影して一人で遊んでいた。
あれれ・・・私の手も写っていた。
写真の左。プッ♪
サンタさんと夫と3人での記念すべき写真になっていた。
どうよ、これ?!

d0216939_135412.jpg


白の世界は無限の世界で、楽しみが増していった。
レンズがとらえる世界は、まさにアート。
白い世界から、万華鏡の世界へ連れて行ってくれた。
カラフルに盛られているサラダ。
でっかい器に並べられた野菜たち。
あなた達も私と同じ添え物なのね。
だれの心にも残らない添え物。
でも、そこになければいけないのよ、私たち。
キレイ!私たち光っているわよ。

d0216939_13553421.jpg


ビュッフェ式に並ぶご馳走。
サラダ、温野菜、ビーフ、チキン、ポテト、ケーキ。
みんなお行儀よく並んでいた。

白の世界は、無限の世界。
私は食事を楽しみながら、一人想像の世界を旅していた。
だれとどんな話をしたかは、覚えていない。
食事の味も覚えていない。
けど、その「無限に広がる想像の世界」は行き止まりがなく、
どこまでも続いていた。

オイ、私だけじゃないんだ。
テーブルの周りを見回せば、スマートフォーンで遊ぶ人、
おしゃべりに夢中になっている人。仲間がいっぱいいた。
やっぱり、白の世界は無限の世界だった。
自分がどこまでも飛んでいけるもの。
楽しかった。

d0216939_13585612.jpg


                  よろしかったらポチッと応援してね♪
                        

                       人気ブログランキングへ
[PR]
by runninggirl_USA | 2014-12-10 14:37 | つぶやき