フクロウ、お元気ですか?

そうだ~フクロウの話だった。
ブログの間があいてしまったけど、
森へノビルを摘みに行ったら、あの子と遭遇をした。
私はそんなことを書いていたんだ。
毎日、とにかく沢山のことがあって、しっちゃかめっちゃかの私の生活。
うん。話の続きを書こう。

って・・・・みなさま、大変ご無沙汰をいたしております。
季節は初夏に変わっていこうとしていますよね。
d0216939_12511668.jpg

私たち家族が以前住んでいた家も、森のなかにある大きな敷地の家だった。
台所のドアーの横に植えてあった杉の木。
そこから、ハロー♪
それも手を伸ばせば届く距離のところで、大きな目のそれは私を見つめていた。
私が右に動けば、その首も右に動く。
そして、左に動けば、その首も左に動く。ドキッ!!
バタバタバタ♪
楽しくて何度もやったら、フクロウは飛び立ってしまった。
グッバイ・マイ・フレンド!
残念。せっかく友達になれると思ったのになぁ。


日本では、獣よけに使われる案山子さんだけど、ここアメリカではフクロウの人形を良く見かける。
ほら~首が360度回転するフクロウさん。
本物の「あの目」に見つめられたら、妙に納得してしまった。
嫌いにはなれないけど、足がすくんだもの。

d0216939_13515820.jpg

飛べないフクロウさん。
脳裏から離れなかった。
「動物保護団体に連絡しなきゃ。」

怪我をして飛べない野鳥を治療して野生に戻れるまで保護してくれる。
そんなところがあるのは知っていた。電話をしなきゃ・・・・。
即座に行動をしなかった自分を責めてみたけど、遅かった。
2日後に森へ戻ってみたけど、あの子の姿はなかった。
自力で木まで登れたんだもの、きっと大丈夫。


d0216939_13584089.jpg

「ホーホー♪」
フクロウの鳴きまねをしながら、あの子の姿を探したけどいなかった。
大丈夫。あの子はサバイバルしたんだ。
自分にそう言い聞かせて、森を後にした。
しかし、あの日以来、どこへ行ってもフクロウの姿を追ってしまう私だった。
あの目に見つめられたら、魔法がかかるようだね。

d0216939_13591173.jpg

自宅と職場から5分のところにある新しい家。
行ったりきたりで、不思議な体験中!
大工仕事も体験中!
昨日は、雨どいを補修した。
えっと、今日は、キッチンの食器戸棚の戸をはずした。
リフォーム中でペンキをするからね。
しかし、またフクロウさんと遊びたいなぁ。
生きることって楽しいね。
毎日が、遠足じゃないの?!
[PR]
by runninggirl_USA | 2015-05-26 14:12 | つぶやき