僕の初恋
紅葉の美しい季節に胸キュン。
あの美しい木々の葉のように、僕の胸はときめいた。
君をみた瞬間、僕の胸はときめいた。

d0216939_13132480.jpg








木々が青々としていた夏。
僕は、今まで一体なにをしていたのだろう。
ただひたすら、青春を謳歌していたのか。
恋を知らずに、無駄な日々を送っていたのだろうか。


d0216939_0333821.jpg







この胸のトキメキ。
今まで経験もしなかった熱い想い。
君への熱い想い。
僕の眼差し、見つめているのは君。
僕の心、想っているのは君。
ただ一人だけ。君だけ。
君の全てが好きだ。
心が熱い。



d0216939_13144055.jpg









あの色鮮やかな木々。
僕の目の前から、パッと消えた。
一瞬にして、消えた。

呆然として、
森を見回せば、
落ちている枯葉だけが目についた。

d0216939_2313496.jpg




僕の初恋は、終わった。




彼女のあの姿。




イメージが壊れた。




僕の純愛が音を立てて崩れた。

d0216939_0321682.jpg


僕の初恋の人、ぶぅちゃん。
あなたの食べっぷりは、凄かった。
健康的なあなたも素晴らしい。
けど、今の僕には・・・。







今の、僕には受け止められません。
あなたの全てが好きだ。
あれは、真っ赤なうそでした。
あなたのイメージが・・・。
ガラガラと音をたてて崩れ落ちました。
こんなしょうもない僕をお許しください。
僕は、ただただ~

呆然と立ちすくむだけでした。
d0216939_04396.jpg

(メニューにヒマワリの種を増量したらね。茶色のリスのお客さんが増えました。
 ねねまぁにゃさん、ぶうちゃんもぶぅ吉くんも混じっていますよ。)


応援★Thanks!

人気ブログランキングへ
[PR]
by runninggirl_usa | 2013-12-07 01:33 | 創作フィクション

いらっしゃい♪
クリック↓応援ありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
たまたま見かけたハンモックが印象的で、お話が展開し始めましたが、
このハンモックの方とストーリーとは、一切無関係です。
さて、このストーリーは、いつか完成するのでしょうか?(笑)
ボチボチと書いていきますね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



やっぱり、彼の名前を聞いておけばよかった。
秋の終わりだもの・・・
こんなところに、いるはずはないよね。


d0216939_3424930.jpg


川辺に座って、考え事をしていたんだよね、あの日。
何を考えていたっていうわけではないけどさぁ。
ほんやりとしていたんだ、私。



「秋って、木の葉が綺麗だね。
 どんどん色が変わるでしょう。
 僕は、それを眺めているのが好きなんだ。
 こんな風にハンモックに揺られながら、空を見上げるんだよ。」

d0216939_34492.jpg


そばに誰もいないと思っていたのに、
いきなり話かけられて飛び上がるほど驚いたんだ、あのときの私。
口から心臓が飛び出すとは、あのことだね。
けどさ、彼の話し方って、ちっともいやみがなくて・・・


「そうね。私も木の葉の色を見ているのが好きよ。
 人生短すぎるなんて、落ち込んでいたけどさ。
 この木だって、死ぬわけじゃないのよね。
 次の春までお休みするだけ。
 私もちょっと深呼吸したほうがいいよね。」

なんて・・・知らない男性に、私の心のうちをぺらぺら話しちゃったよ。
恥ずかしいことだ。でもさ、素直に話せたんだ。

d0216939_3451318.jpg


「死ぬかもしれないじゃん。
 先のことなんか、誰にもわからないもん。
 でもさ、今見える世界を楽しんだらどう?
 この僕のように、お気軽にさ。」



ハンモックに一人で揺れる彼。
顔も見えないその人物に、心を開いてしまった私。
しゃべるしゃべる。言わなくてもいいことまでしゃべる。
私って、そんなにおしゃべりだったんだ。
あとで顔が真っ赤になった。
紅葉に負けないくらい真っ赤な顔だったかも知れない。

d0216939_4183522.jpg


「ほんじゃ、またね。」

彼の声がそういったから、私もオウム返しにいった。

「ほんじゃ、またね。」


あれ?
気がついたら、彼の姿はなかった。
あれは、人間だったのか。
私は誰かと会話をしていたのに、相手の姿は見なかった。
彼との会話は、あまりにも私の心の中に自然に入ってきて
警戒することすら考えなかった。

d0216939_34633100.jpg


あれから、何度も彼の姿を求めて、同じ場所にいってみた。
けど、二度と「その声の彼」をみかけることはなかった。
いつしか、季節は秋の終わりとなり、あのハンモックをみかけることもない。
名前も連絡先も尋ねなかったことに後悔をした。(続く)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメントへのお返事は、みなさんのブログにて、ブログをされてない方には、
この記事にてお返事を差し上げております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご訪問ありがとう♪
クリック↓の応援にも感謝です

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by runninggirl_usa | 2013-11-10 04:22 | 創作フィクション

思わなかったなぁ~ヤンチャな頃は・・・

人様のお役に立ちたいなんて~♪
d0216939_23183540.jpg

ねぇ~駄犬よりもお役に立つワンコになりたい。
警察犬なんて、ハードルが高いワンコはちょっと・・・
けど、愛くるしいワンコになってご主人様を慰めたい。
d0216939_23205856.jpg

粗大ゴミのドラム缶よりも・・・
人様の心に響くような楽器になりたい。
d0216939_23212871.jpg





いや・・・ワタシは、






ワタシは・・・








いまだに、理想と現実とのギャップにすっぽり。
うううう~~~ん、幻想の世界にいるのだろうか・・・・。
d0216939_23184483.jpg

幻想を求めて漂うワタシ・・・Are you OK?!
週末が近づいてきた~頑張ろう!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
ブログランキングの応援ありがとうございます。
コメントへのお返事は、皆さまのブログご訪問に代えさせていただきます。
どうぞご理解のほどをお願いいたします。



[PR]
by runninggirl_USA | 2012-10-18 23:42 | 創作フィクション

「寄り道しないで真っ直ぐにね!」
幼い頃、母が私にそう言った。
d0216939_23251167.jpg

みんなと一緒だもん、幼稚園と小学校までの通学路。
寄り道なんかできないよ。





寄り道なんかしないもん。
プチッ寄り道しかしないもん。
綺麗なお花と目が合って、プチッ寄り道
それだけしかしないもん。
d0216939_23261043.jpg





寄り道をしちゃいけないよ!」
母の声が聞こえる。
大人になった今でも、母の声がハッキリと聞こえる。
通学も、お使いも、寄り道しちゃけないんだ。
自分の目的地を目指して、テクテクテク。
しっかりと歩かないといけないんだ。
d0216939_23265017.jpg








ワタシが、今しなきゃいけない事って、なぁ~に?
人生の寄り道って、なぁ~に?
おかぁ~さ~ん~~教えてよ!


d0216939_23272283.jpg

真っ直ぐの道をひたすら歩く。
大人になると、その判断が難しいね。
何処が寄り道で、何処が真っ直ぐの道。
寄り道の必要性と不必要性。
d0216939_23281176.jpg

ふぅ~♪ 時々、小休止。
とりあえず、自分らしいペースで楽しみながら目の前の道を歩いていこう。
歩き続けていけば、何処かにぶつかるもの。
止まらないで、歩こう~♪

目の前に道がなくなったら、自分で道を作ればいい。
希望を持って歩き続けよう♪
命があれば、希望もある。
ケセラセラ~♪
微笑みながら、歩き続けよう








ありゃ、深まる秋。哲学しちゃっているのはどちら様?
d0216939_23173836.jpg



まぁ、難しいことを考えていないで、実りの秋を楽しみましょう。
Fujiアップルでもいかが?!

d0216939_23184347.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
ブログランキングの応援ありがとうございます。
コメントへのお返事は、皆さまのブログご訪問に代えさせていただきます。
どうぞご理解のほどをお願いいたします。

[PR]
by runninggirl_USA | 2012-10-09 01:38 | 創作フィクション

初めがあれば、終わりあり。

終結を意味するわけではなく、次の章を開くための小休止。
少しの間だけ、姿を変えて「時」を待つ。
形あるものの定めなのかもしれない。
タイムアウトのススメ。秋という季節が教えてくれる。




夏には野原で美しく咲いていた可憐な花、コモン・ミルクウイード(=Common Milkweed)。
久々に、野原に戻ってみれば、その形を変えていた。
久しぶり~♪
d0216939_415315.jpg

ほわほわミルクウイードの種。
指で、そぉ~っとつまんでみた。
d0216939_422111.jpg

ピュー♪
秋の優しい風が吹いてきて、
ほんわか種さんを連れて行っちゃった。
遠いお空へ行っちゃった。
d0216939_4241865.jpg

秋の森は色とりどりで、私をおとぎの国に連れて行く。
子供の頃の自分。
コチコチコチ~♪
時計の針が逆戻り。
幼い頃の自分に逆戻り。
d0216939_4244298.jpg

コンコン♪
ドアーをノックしてくださいね!
ここはおとぎの国。マジックの世界。
ヒュルルルル
あの頃の自分に戻りましょう。
d0216939_4412989.jpg





初めがあれば、終わりあり。

終結を意味するわけではなく、次の章を開くための小休止。
少しの間だけ、姿を変えて「時」を待つ。
形あるものの定めなのかもしれない。
タイムアウトのススメ。秋という季節が教えてくれる。




銀色の種が空を舞い、長い冬を耐えて春を待つ。
夏には美しい花を咲かせる為に、必死に耐えて春を待つ。
d0216939_4564856.jpg



花のように同じ作業を繰り返す。
まったく、人も同じかもしれない。
いくつもの春、いくつもの夏、いくつもの秋、いくつもの冬。
春夏秋冬。人はどこかで休息をして、どこかで頑張るのだろう。


タイムアウト。
美しい花を咲かせるための準備期間だと思えばいい。
私は、休息をする。

花はいつまでも咲き続けることはできない。
咲いた花は、枯れる。
枯れて地上に種を蒔く。
来春を望みながら、地下でしっかりと休息をする。

d0216939_4565691.jpg

私の秋。
ちょっと深呼吸をしよう。
頑張ることに、疲れた自分。
ここで、ちょっと休息しよう。
森のマジックが、そう教えてくれた。
秋は、なんて素敵なんだろう。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
ブログランキングの応援ありがとうございます。
コメントへのお返事は、皆さまのブログご訪問に代えさせていただきます。
どうぞご理解のほどをお願いいたします。

[PR]
by runninggirl_USA | 2012-10-06 05:52 | 創作フィクション

微笑が見える、街角。

ブログランキングの応援ありがとうございます。
コメントへのお返事は、皆さまのブログご訪問に代えさせていただきます。
どうぞご理解のほどをお願いいたします

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村





美しい秋の休日。
町を歩いてみれば、
あっちにもこっちにも微笑みがある。

d0216939_0435342.jpg





そんなところに落書きをしちゃいけないよ!
d0216939_0461848.jpg

橋の下は、芸術家のたまり場らしい。
いけないはずの落書き。
なんとなく、紅葉とマッチしていた。
微笑が見える、街角。
おかしなもんだ。
d0216939_047443.jpg











秋は美しい。
落ち葉までが笑っている。




足元をみてみれば、ハートの形をした落ち葉。
d0216939_047465.jpg

パパさんの落ち葉。



ママさんの落ち葉。
d0216939_0481278.jpg




子供の落ち葉。
d0216939_0483328.jpg

なぁーんだ、3匹の熊の世界か?!
子供の頃、大好きだった絵本。
あの頃の記憶が蘇り、思わず笑みが・・・

微笑が見える、街角。
楽しいもんだ。






微笑が見える、街角。
d0216939_132491.jpg

美しい秋の休日。
町を歩いてみれば、
あっちにもこっちにも微笑みがある。


そんな風に、今週も笑顔で過ごしたい。
いっぱいの微笑みをありがとう。


ぶぅちゃん、あなたにもどーーぞ!
微笑みのおすそ分けだよ。

d0216939_0492289.jpg



いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by runninggirl_USA | 2012-10-01 01:23 | 創作フィクション

いらっしゃい~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村



秋色のクレヨン一本、ちょっと貸してくださいなぁ♪





秋色のクレヨン一本、貸してくださいな。
ちょっとだけ、貸してくださいな。

あっちも、秋の色。
そっちも、秋の色。
こっちも、秋の色。

町も森も、みーーーんな秋の色に塗っちゃうから♪

d0216939_0394348.jpg

へっちゃうの~オレンジ色のクレヨン。
町を、森を、ぜーーんぶ秋の色に模様替え。
しゅるしゅるしゅる。
もっと、もっと、秋の色になる。
M.S.U.(ミシガン州立大学)の木々も秋の色でしょ。



d0216939_114679.jpg


町のお店も秋の色でしゅるしゅるしゅる。
オレンジ色で塗っていくの。

畑も秋の色で、しゅるしゅるしゅる。
オレンジ色で塗っていくの。

d0216939_122766.jpg










秋色のクレヨン一本、貸してくださいな。
ちょっとだけ、貸してくださいな。






今日の私は絵描きさん。
あっちもこっちもオレンジ色で塗っていく。
町も森も畑も秋の色。

アァ~疲れた。
気がついたら、お空の色も秋の色。
オレンジ色で塗っていくの。

d0216939_0511881.jpg






ふぅ~秋は大忙し。
熱いお茶でも召し上がれ~♪
秋色の葉っぱを添えて召し上がれ~♪

d0216939_0544396.jpg

「秋色のクレヨン、ちょっと一本貸してくださいな。」
写真で綴る、みどりの創作絵本。お楽しみいただけましたか?
のんびりの週末をお過ごしくださいね。




ぶぅちゃんも秋は大忙し。
ごちそうをあっちにこっちに隠さないとね。
ちゃんと冬支度をするのよ。
d0216939_0492943.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
アメリカ★森のヘルシーレストランへのご来店ありがとうございました。
また、明日のお越しをいお待ち申し上げます

[PR]
by runninggirl_USA | 2012-09-23 01:52 | 創作フィクション