「アーミッシュとメノナイト、最高のおもてなしの技。」最終回

連載エッセー(春) vol. 31

ぶぅちゃんの心、アメリカ人の心へようこそ058.gif
ミシガン州の森に住む、野生のリスや小鳥達の餌当番。みどりです。
毎日、我が家にやってくる森の仲間たちと一緒に、アメリカ人の心や文化などを綴っています。
お気軽にコメントを残してくださいね。



ブログランキングに参加中です。
2つポチッ049.gif応援してね!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村

072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif

「首尾一貫、
   アーミシュとメノナイトにいきる、
        そのおもてなしの心とは?
」(パート2、完)


この地で生まれ育った人生の大先輩がいた。
残念ながら、その方は病気と戦った末、数年前に亡くなられた。
アーミッシュやメノナイトのコミュニティーで育ち、この地を離れる若者は多い。
便利な世の中をみてしまったからだ。
その先輩もその一人だった。
彼は、生涯メノナイトであり続けたけれど、故郷を離れ、
大学院で博士課程を修了して教育の仕事についていた。

昔、両親たちと耕していた広大な農地。彼のルーツである大地。
残念ながら、今はフリーマーケットの場として再利用されている。
私のシプシワナでのジャーナルは、ここでおしまい。
この話題を書くのには、膨大なリサーチとページ数が必要となる。
単なる、異文化に対する旅行案内の記事にする気はない。
この地の人たちを正しく描くなら、彼らの思考から入りたいものだ。
何故、この地にこの生活を選んで生きているの・・・ってね。


「みて~あの日本人のコミュニティー。
 納豆なんて臭いものを食べているわ。
 ぬか漬け。くっさいわねぇ。」
観光客が押し寄せてきて、好奇心で写真撮影をされたのではたまらない。
動物園のサルじゃあるまいし。自尊心が傷つかないか?
自動車やカメラ、そして寿司ブームも世界にまきおこしている日本。
しかし、日本の文化や心を、本当の意味で理解できる人は、少ない。
アーミッシュやメノナイトと同様。マイノリティーだ。

d0216939_22552975.jpg


さて、話を本題に戻してみよう。
アーミッシュとメノナイト流のおもてなし」だった。

上の写真は、昨日の記事のレストランにあるトイレだ。
庭に咲く季節の花の盛り合わせ。シンプルで美しい。
アーミッシュやメノナイトたちは、家の外も中も美しく飾る。
それは、とても清楚で見ている者の心を洗ってくれるようだ。
レストランに来てくれた皆様への「おもてなし」は、
たっぷりのお食事のみならず、気持ちよく使えるトイレにも反映されていた。

トイレの汚いレストランや家。
いくらきれいにお皿の上のものを並べても、その人が知れてしまう。
男子トイレに花が飾られていたかどうかは知らない。
けど、この光景。
手を洗うばかりか、私の心まで清めてくれるようだった。



必要なだけ、お持ちください!

d0216939_22555889.jpg

アーミッシュコミュニティーにある小さなレストラン。
あるいは、キャンプ場で目に付く、おもてなし
ズッキーニやトマトなど、畑で採れたての野菜をくれる。
本当に、とっていっていいのかな?
料金箱があるわけでもなく、食事をしたり一夜の宿をとっただけなのに・・・。
日本人の私には、なんとなく気が引けてしまう。
このおもてなし、この地の随所で目に付く。素敵だ。





私流のおもてなしもどーーぞ!
d0216939_2258334.jpg

臭いですよ~!アボカド、プチピーマン、ニンジンのぬか漬けでございます。お好きな方。どうぞ召し上がれ。アメリカ人には歓迎されないだろうね。こんなおもてなし。糠につければ、野菜の栄養価もアップ。美味しいんだけどなぁ。納豆も糠みそも臭いよね。










ぶぅちゃんにも、おもてなし♪
悩むよね・・・下心がない「おもてなし」ってさ。
だって、おもてなしに見返りを期待しちゃいけないもの。
うちのレストランに来てくださる野鳥やリスのみなさま。
毎日、沢山の愛をありがとう!
(写真のモデルは、尻尾が切れているポン太君です。
これは、2年ほど前の撮影ですが、今はどうしているのか・・・)
d0216939_22564049.jpg


ご訪問と応援ありがとうございます♪
コメントのお返事は、みなさんのブログ訪問にかえさせていただきます。
尚、コメントは承認制で、すぐには表示されません。
一つ一つのコメントを感謝をもって、拝読させていただきます。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村

[PR]
by runninggirl_usa | 2014-04-10 01:08 | 連載エッセー(春)